インプラント矯正(アンカースクリュー埋入)と同時に2本抜歯。

こんにちは、マリです。

息子2人に続き、娘も歯列矯正開始しました。

娘は反対咬合気味ですが、反対咬合が歯列矯正の目的ではなく、あごが狭く歯が大きいため、きれいに歯が入らないことを解消することが目的です。

しかし、まだ舌が『スポット』にいつも正しくあるわけではないので、舌で歯を押すと矯正がうまくいかないから、『スポット』を意識してね、とのアドバイスは受けています。

とにかく娘の歯は標準より大きいらしく、重なり合って生えています。

まず上の歯から始めて、上の歯がきれいにそろったところで、下の歯の矯正を始める、という計画です。

目次

インプラント矯正とは

インプラント矯正とは、『アンカースクリュー』という小さなねじを、歯茎の骨の部分に埋入し、それを固定具として歯を動かす矯正治療のことをいいます。

娘の大きな歯は、左側が先に生えたことから、左の歯が右側に進入し、前歯の中心が右にズレています。

その結果、右側の歯が生えるスペースが狭く、重なり合って生えています。

2本抜歯をしてなんとかギリギリきれいに並ぶ予定ですが、もし、抜歯によってできた隙間を埋めるように、奥の歯が前側に移動してしまうと、きれいに入らなくなる可能性がでてくるそうです。

とくに、右側の奥歯は今の位置から動かないように固定し、抜歯した歯より前の歯を奥に引っ張るように、計画通りに歯を動かすため、右側の歯茎の骨にアンカースクリューを埋入する、という計画が立てられました。

矯正治療の初日は、上の歯(八重歯の奥の歯)左右1本ずつを抜くことと、アンカースクリューを埋入することでした。

前回の説明の時に、アンカースクリューのことは聞いていました。

わたしは、初めて見聞きするアンカースクリューがこわく、どれほどの痛みを伴うのか、不安でした。

娘の顔をちらっと見ると、娘も不安そうにしています。

娘が腕を骨折したときに、ボルトを埋入したことを思い出し、
「腕にボルトを入れていた時、痛みなく過ごしたでしょ。あれと同じだと思うよ。」と声をかけると、先生も「腕にボルトを入れていたことがあるんだ!それに比べたら、歯列矯正のボルトなんて、小さいし、痛みは全く感じないと思うよ。」と後押ししてくれました。

「不安だったら、やるかやらないか、ゆっくり考えてから来月返事でもいいし、やりたくないんだったら矯正することをやめてもいいよ。」と言うと、「やる!」というので、娘自身にサインを書かせました。

自分でサインをしたので、アンカースクリュー埋入当日は不安そうな顔は全くしていませんでした。

わたしの方が、不安をみせないように気を張っていました。

2本の抜歯とアンカースクリュー埋入は30分ほどで完了しました。

いつも思いますが、先生の処置めっちゃ速い!!

痛みは?

わたしは、いろんなブログを読んで、アンカースクリューの痛みが全くなかった人、激痛に苦しんだ人、両方いることを知っていたので、とにかく娘に痛みが出ないことを祈るばかりでした。

処置が完了してすぐ、まだ麻酔が効いているうちに、歯科医院で鎮痛剤を服用しました。

帰りの車で、麻酔が切れ始めたようで、痛み始めました。

ただ、娘は2本の抜歯も同時に行っていたので、確実に痛みが出ることは分かっていました。

その痛みが、抜歯だけなら、時間が解決してくれる。

アンカースクリューの痛みは未知の世界だから、のたうちまわる様なことがあったらどうしよう、と不安でした。

家に帰りついたころから痛みはどんどんひどくなり、痛がる娘に、何度も「左右両方痛い?それとも片方だけ痛い?」と聞いていました。

もし右が痛い、と言ったら、アンカースクリューの痛みだろうと思っていたのです。

娘は常に「両方痛い」と言っていました。

痛みの原因は両方の抜歯によるものでした。

「痛いよぉ~」と涙を流しながらも、

「おなかすいたぁ、なにか食べたい」

と言い、抜歯前に食べたのに、1人前の夕食を平らげ、2度目の鎮痛剤を服用して眠りについた娘。

翌朝は、痛みは少し残っているものの、鎮痛剤を服用するほどではありませんでした。

結論:アンカースクリューの痛みはなかった! 

違和感などは?

アンカースクリュー埋入の翌日は、埋入の痛みはないようでしたが、口内に触れる痛みがあったようです。

「痛い」「気になる」と言って、手で触っていました。

手や舌で触らないように、と何度も注意されていたのは、このことか、と思いました。

「そんなに気になるなら、外してもらいに行く?」と聞くと、「我慢できる!」と。

3日間くらいは、違和感があったようです。

1週間も経つと、違和感はゼロになっていましたが、「歯磨きするのが面倒くさい」と言っていました。

とりあえず、大きな痛みやトラブルもなく落ち着いてほっとしました。

費用

娘は、計画通りに歯が動けば、右側の1本だけの使用です。

1本の費用は、16,500円でした。

経過

アンカースクリュー埋入して3週間後、ゴムやワイヤーを装着して本格的な矯正が始まりました。

初めての矯正に、「痛いよ~」とまた半べそをかいていましたが、

「やめる?」と聞くと

「やるに決まってるやん!」と強がって、頑張っています。

いまのところ、トラブルもありません。

上二人も、順調に、キレイな歯になっていくのを見ていたので、頑張れるようです。

スクリュー埋入という、未知なものに、わたしが不安を感じていましたが、思っていたより痛がることなく安心しました。

とりあえず、安心です。

さぁ、次は二男の番。

痛くないことが分かったので、安心して二男も治療に臨めます♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる