40代半ばで出た膝の痛み。原因は身体の硬さと意識の低さ。ストレッチで改善。

40代半ばのわたしは、若いころから、軽いジョギングを生活に取り入れてきました。

と言っても、ハマって毎日のように走ることもあれば、引っ越しなどの環境の変化や、寒くなったからちょっとお休み、と走らなくなったり、な、ゆるい感じの続け方です。

半年ほど前から、ジョギングをすると右ひざの外側に痛みが出るようになりました。

痛みが徐々に強く、頻繁に出るようになったので、ググってみたら「40代の膝の痛みはほおっておくと危険、早めの受診を!」という記事が多く、こわくなって整形外科を受診してきました。

結果は、簡単に言うとメンテナンス不足。

長年の動きの癖や重心のかけ方で、身体はあちこちズレたり負担がかかる箇所ができています。

きちんとストレッチをして、身体をニュートラルな状態にしてあげよう!という課題が見えました。

目次

円板状半月板

整形外科を受診しレントゲンとMRI検査の結果、私のひざは『円板状半月板』であることが判明しました。

通常の半月板は三日月形をしていますが、円板状半月板は丸みがあり大きいことが特徴です。

日本人の20~30人に1人は円状板半月板だそうです。

滑膜(かつまく)という膜が関節内をおおっていますが、円板状半月板は通常の半月板より大きいため、ほかの骨と擦れる面積が大きく、その影響で滑膜が炎症を起こして痛みが出ている、ということでした。

「半月板損傷でなくてよかったですね、骨はきれいですよ。」と言われてほっとしました。

円状板半月板は、スポーツをするお子さんが、膝の痛みを訴えて発覚することが多いらしいです。

そういえばわたしは学生時代にスポーツをしていましたが、膝の痛みに悩まされたことを思い出しました。

中学生の時にソフトボールをしていましたが、3年生になって膝が強く痛むようになり病院へ行きましたが原因が分かりませんでした。

近くの高校の先生から「うちでソフトボールをしないか。」と声をかけていただきましたが、膝の痛みに耐えてまでやりたいとは思えずソフトボールは中学校でやめてしまいました。

今だったらMRIで原因究明ができ、対処法も考えていくことができる。進歩しているなぁ、なんて感じました。

痛みを取り除くためマッサージ

原因が分かったので、今ある痛みを取り除くためにマッサージをしましょう、と処置室に案内されました。

処置室と言っても、整骨院のような固いベッドがいくつかおいてある部屋でした。

「日常的にストレッチは行っていますか。」と聞かれ「最近は全く。」と答える私。

やばい、身体がかたいのがバレる

私、めちゃくちゃ身体が硬いです。

身体の硬さは誰にも負けません!

だめですね…。

「前に曲げてみてください。」 床が遠い…。

「後ろに反らせてください。」 天井を見てるだけ…。

処置室のお兄さんから、「カタっ!」と笑われてしまいました。

「スクワットしてください。」と言われ、それはできるよ!と思いながら、どや顔でやってみたら、「膝が内側に入っています。」と。

膝が内側に入るということは、足の内側の筋肉よりも、外側の筋肉の方が強い、ということだそうです。

筋肉のバランスが偏っているため、膝がまっすぐ前に向かずに内側に向いてしまうということです。

「とにかく身体がかたいです。そして、身体をうまく使えていません。筋肉のバランスが悪いです。これが痛みの原因です。膝をマッサージするより、今日はストレッチを覚えて帰ってください。」と言われてしまいました💦

結局原因は

ストレッチを教えてもらいながら、身体の”ほぐし”もしてもらいました。

太もも、ふくらはぎ、どこを触られてもいたかったです。

膝自体はは全く触ってもらっていません。

「ストレッチを生活に取り入れたことはありますか?」と聞かれたので、「1年ほど前は毎朝毎晩ヨガをしていた時期もあったんですけど、なぜかやめてしまいました。」と答えると、「”意識高い系”のときもあったんですね。」と。

私、今は意識低い系なんだわ…。

やばい、おばさん化してる…。

本気で身体を変えなければ、とスイッチが入った一言でした。

お兄さん、ありがとう♪

というわけで、膝の痛みの原因は

・体が硬い、筋肉の付き方のバランスが悪い
・意識が低い

ということでした。

骨や靭帯に損傷がなくて本当によかったです。

痛みの経緯と今後の付き合い方

2年ほど前、登山にはまり、よく登っていました。

毎週登っているときもありました。

私は、ゆっくり楽しむことよりも、「がむしゃら」にするほうが好きなので、周りの景色を楽しみながら歩く、というよりも、前回よりも速く登るということを楽しみながら登山をしていました。

そんな登山をしていて半年ほどたったころ、下りで右膝の外側に痛みが出るようになりました。

それでも「気のせい」と言い聞かせ(アホですね)、登山を楽しんでいたのですが、毎回痛みが出るようになったので登山することが減っていってしまいました。

ジョギングも週に1,2度していたのですが、ジョギングでも右膝に痛みが出るようになりました。

最初は少しの違和感だったのですが、だんだん痛みが頻繁に出るようになりました。

今思えば、「がむしゃら」に山に登ったりジョギングをするのに、運動前後のストレッチはほとんどしていませんでした。

「まだ40代、まだいける!」と気持ちだけが前のめりだったことに気づきました。

今回のことを良いきっかけに、とにかく身体に負担がかからないしなやかな身体つくり、毎日の生活にヨガやストレッチを取り入れていこうと思います。

これは、もう寿命が来るまで毎日の習慣にしていこう、するしかない、と。

膝の痛みですが、毎日のストレッチを始めて2週間ほどたったら、2kmのジョギングでは痛みは出ませんでした。(ジョギングをした後、家事をしていたら少し痛くなりましたが。)

痛みが出ても、ジョギングや登山をしていいと言われたので、毎日のストレッチを続けながら少しづつ距離を伸ばしていこうと思っています。

自分の「やりたい!」という気持ちだけではなく、身体のこともしっかりみてあげて、身体と上手に付き合っていこう、と気づくきっかけとなりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる