【DIY】外壁のひび割れ補修。放置は雨漏りの原因に。

わが家の外壁に、クラックが数か所入っています。

気になってはいたものの、ほったらかしにしていましたが、最近大工さんに来てもらった時にアドバイスをいただいて、自分で補修してみました。

めっちゃ簡単です。

やる気だけです💪

見た目重視な方は、プロの業者にお願いした方がいいかもしれませんが、私みたいに「できることなら自分でやりたい✋」と思う方のお役に立てれば、と思います。

幅が広くすでに雨漏りがしているような、構造に問題が発生している可能性のあるクラックは業者に見てもらいましょう。
0.3m以下の「ヘアークラック」と呼ばれるようなものや、プロが「自分でできる範囲ですよ」と判断したときの参考にしてください。

目次

補修の材料

準備するものはこの3点
・コーキング剤
・ヘラ
・カッター

コーキング剤は、『変成』と書かれたものを選んでください。

『変成』は、上から塗料が塗れます。

『変成』ではないものは、塗料をはじいて色が塗れません。

ヘラは、準備したものの、あまり必要なかったです。結局指で塗りました。

なんならアイスの棒でもよかったと思います。

わたしが道具を使いこなせないだけ、ってことかもしれませんが。

カッターは、古いコーキングを剥ぐのに使用しました。

1か所切込みを入れたら簡単に剥げたので、他のものでも代用できると思います。

開口クラックの補修

この窓の上の部分が、わが家で一番気になっていた場所です。

開口クラックとは窓や扉の角から斜めに入るひび(クラック)のことです。

開口部は上下左右に力が加わりやすいので、ひびが入りやすい。

毎年の台風や地震もあるし、最近わが家のとなりの家が壊され、整地して、また新しく家が建ったので、かなり地面が揺れて家に力が加わったと思います。

家も私と同じ、外的要因もあれば劣化もするから、よく見て手を加えてあげないと、ですね😅

右の写真がクラックが入っているところです。

コーキング剤をひびに入れ込んで、ふたをするように塗ります。

最初はやはり難しい💦

ヘラでならしても、そもそも土台がデコボコだからきれいにはのりません。

結局ビニール手袋をして、指で仕上げました。

やっていくにつれて、上手くなりました。

楽しくなって、ひびを見つけては塗り、脚立を出して高いところもやりました。

調子に乗りすぎて、今思えばちょっと危なかったな、と。

高いところをするときは、独りぼっちでは絶対にしないようにしてください。

コンクリートと外壁の間の継ぎ目

勝手口を出て降りるところ、家の壁とコンクリートで階段になっているところの継ぎ目が剥がれています。

ここは、家を壊して新しい家が建った側なので、けっこう動いたみたい。

「こんな剥がれはなかったよな」と思ったけど、仕方ない…。

まずは、古いコーキングをカッターで切って取り除きます。

簡単に取れました。
奥が深そうだったので、念のためコーキング作業をする1日前に取り除いて乾かす時間を作りました。

コーキング剤注入。

いっぱい入りました。

ここが最後に作業した箇所なので、だいぶ上手に塗れるようになっています。

これだけ広いとヘラが活躍してくれます。

コーキング剤は開封すると固まってしまうので、1日で全部塗ってしまいます。

約1時間で固まり始め、完全硬化には24時間程度必要です。

コーキングの上からペンキを塗る

コーキング塗装をした翌日、ペンキを塗りました。

外壁塗装をした時に、塗装業者が余ったペンキをくださったのは、こういう時のためか!とやっと気が付きました。

「外壁塗料もらっても、どうするんだ、これ?」と思った過去の私、無知でした。

職人さんに、ちゃんと聞いておけばよかった。

ひびを自分で補修する、という予想を立てていたら、もっと早くにこの作業していたな。

ペンキを塗ったら、あらキレイ♪

左側がコーキング剤のみ、右側が上からペンキを塗った箇所です。


離れて見ると、全然違和感がありません。

塗った本人がよく見るとわかる、家族に「分かる?」と聞いてみても「ん??」というレベルです。

まとめ

ひびが大きくなると、雨漏りにつながったり、内部の木材が腐食したり、虫が入ってくるので早めに対策をしておいたほうが良いです。

私が今回自分でやってみて、一番良かったと思うことは、リフォーム業者や塗装業者がセールスに来た時に「自分でチェックして、自分でやれることはやっていますから大丈夫です。」と言えることだと思います。

セールスにくる方は、こちらが無知だとどんどん強気で来ると思いますが、『自分でやった』という少しでも知識がある、ということが分かれば引き下がってくれるかな、と思っています。

『自分でやった』といっても、ただ塗っただけですけど。

細かいことを気にする方にはお勧めできませんが、「できることなら自分でやりたい」という方はにはお勧めです。

くれぐれも、間違って安い方のコーキングを買わないようにしてくださいね。

『変成』シリコーンですよ~。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる